板倉 啓子 (いたくら けいこ)

一般社団法人国際薬膳食育学会理事長、
板倉料理学院 院長(黒部市)、
メンター・フーズ(株)代表取締役社長、
NPO日本食育インストラクター、
富山県経済同友会幹事。
中国四川中医学院、富山医科薬科大学で学ぶ。
日本で初めて薬膳コースのある料理学院を黒部市で開校。
富山県黒部市在住。

 

和漢膳(薬膳)は、何千年もの歳月をかけて作られ今に伝わる、食歴のはっきりした健康増進料理です。
長く続いた食べ物はおいしいのです。
おいしいので伝え続けられています。
各自の体質に合わせ、季節、食べ物の性質などが体に与える影響を考えて作ります。
栄養価の高い和漢膳(薬膳)食材を組み合わせて作るので、バランスの崩れが早く整うのが魅力です。
副作用があるものが薬、ないものが食べ物というとてもおおらかな料理。
おいしい、楽しいはもちろんのこと、身体が冷えなどに何をどう組み合わせて食べるとよいかなど、
体にうれしいコツがいっぱいです。

豊かに人生を思いきり楽しむには、健康でないと叶いません。
「食」は活力・気力・心を豊かに育み、その人を作ります。
和漢膳ライフで皆さまが百寿者になられますことを心より願います。

 


 


Copyright© Itakura Keico All Rights Reserved.